Top >  ピラティス・ヨガ用語集 >  ア~カ行 >  アナーハタ・チャクラ  


アナーハタ・チャクラ  

ピラティスヨガ用語辞典
主要な7つのチャクラのひとつ。

対応している場所   胸
からだの中心でいうと 胸椎
関係しているホルモン 胸腺

別名「愛のチャクラ」。胸腺ホルモンをつかさどっているので、ここが活性化すると、健康で若々しくいることができます。うまく働かないと、無感動で、病気になりやすくなります。

ピラティスとはドイツ人ジョセフ・ピラティス氏によって考案されたエクササイズ・プログラムです。
そのエクササイズは、体の弱かった自身の健康増進と第一次世界大戦時の捕虜達の健康維持を目的としたものです。
この時彼が考案し始めたものが、現在のフロアで行われるエクササイズの元となります。
その後彼はアメリカ(ニューヨーク)に渡りマーサ・グラハムを始めとした世界的有名なダンサーの間で圧倒的な支持を得てピラティスは広まっていきました。
最近はセレブとよばれるハリウッド女優達(ブラッド・ピッド夫妻、二コールキットマン、マドンナ等)の間で、ボディ・ケア、産後の体をピラティスで引き締めたり、と人気を集めています。日本では渡辺満里奈さんを始めとする女優さん達の間で大人気となっております!

<前へ>   |  アナーハタ・チャクラ    |   <次へ>

ピラティス・ヨガ用語集

ピラティス・ヨガの用語集です
ピラティスヨガの用語やポーズについて解説

ア~カ行

ピラティスやヨガレッスンで使えるピラティスヨガ用語集

関連エントリー