Top >  ピラティスの基礎知識 >  ピラティスの誕生


ピラティスの誕生

ピラティスのはじまり

ピラティスは1900年代初めにドイツ人医師ジョセフ・ピラティスによって考え出されました

ピラティスは第一次世界大戦のときイギリスの収容所で、負傷した兵士たちがベッドの上でおこなうことのできるリハビリの一環として考案されました。

pilates.jpg


戦争が終わりドイツに帰ったピラティスは、ダンサーたちと仕事をするようになりました

そして、1926年ドイツからニューヨークに移り住み、エクササイズスタジオを開きます
ピラティスは、そのエクササイズの考案にあたり、スポーツ医学の他、ヨガなどさまざまな考え方を取り入れました

<前へ>   |  ピラティスの誕生  |   <次へ>

ピラティスの基礎知識

エクササイズ王国・アメリカで、LAやラスベガスといった都市を中心に、今セレブの間でもっとも人気の高いエクササイズ
それが ピラティス です
日本でも若い女性を中心に、沸々と人気が高まっている
このエクササイズは、大きな筋肉ではなく、体の深部(インナー・マッスル)から鍛えることで内側からしなやかに体を引き締める事です

関連エントリー