Top >  ピラティス・ヨガ用語集 >  ナ~ハ行 >  プーラカ・クンバカ


プーラカ・クンバカ

ピラティスヨガ用語辞典
ヨガで、息を吸って、そこで息を止めることをいいます。

--アヌサラヨガ--
アヌサラヨガの「アヌサラ」は、サンスクリット語で「神聖な意思の流れに乗る」という意味です。
3つのA=「アティチュード(意識、意志)」「アライメント(身体と精神の位置)」「アクション(意識や位置をもっての筋肉の動き、関わり方)」を重視していて、体が硬く、筋力・体力にあまり自信がない初心者や、中高年者層、病後のリハビリの方も対応できるヨガだそうです。

アヌサラヨガは最近アメリカでめきめきとメジャーになりつつある新しいスタイルのヨガ。
アメリカのアヌサラヨガ協会のサイトによれば、アヌサラというのはサンスクリット語で”優雅に流れる”とか”流れに沿って”、”心に従う”などの意味があります。

<前へ>   |  プーラカ・クンバカ  |   <次へ>

ピラティス・ヨガ用語集

ピラティス・ヨガの用語集です
ピラティスヨガの用語やポーズについて解説

ナ~ハ行

ピラティスやヨガレッスンで使えるピラティスヨガ用語集

関連エントリー