Top >  ピラティス・ヨガ用語集 >  サ~タ行 >  ジェリー・ロペス(1948~)


ジェリー・ロペス(1948~)

ピラティスヨガ用語辞典

プロサーファー。サーファーの神様ともいわれる伝説的存在。ヨガに精通しており、映画『地球交響曲』でヨガをするシーンがあります。
ジェリー・ロペスがヨガをはじめたきっかけは、大学のヨガ・クラスです。
先生が見せたいくつかのアーサナ(ポーズ)は、滝を流れ落ちる水のごとくしなやかで、「もしも、あんな動きがサーフボードの上出できたら、どんな波だって自然にフィットするサーフ・スタイルを持つことが出来るに違いない・・」と考えたそうです。
その瞬間からジェリーはヨガに強い関心を持ち、ヨガの本がボロボロになるまで使い、毎日のようにヨガのポーズを練習しはじめました。当時は、ビートルズがマハリシ・マヘーシュ・ヨーギーに興味を持ち、特にジョージ・ハリスンがインドを旅したこともあって超越的な瞑想が流行った頃です。

<前へ>   |  ジェリー・ロペス(1948~)  |   <次へ>

ピラティス・ヨガ用語集

ピラティス・ヨガの用語集です
ピラティスヨガの用語やポーズについて解説

サ~タ行

ピラティスやヨガレッスンで使えるピラティスヨガ用語集

関連エントリー