Top >  ピラティス・ヨガ用語集 >  サ~タ行 >  女性ホルモン


女性ホルモン

ピラティスヨガ用語辞典

ホルモンとは、体内の特定の場所で生産され、体液とともに運ばれて、体液中に分泌されてからだの組織や器官の活動を調節するもの。
甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどがあり、女性ホルモンもそのひとつ。性周期をつくり、生殖機能をつかさどるものです。
ホルモンの分泌もピラティスを始めることにより活性化されます。またピラティスは体の内部の深いところの筋肉を使うので、体のバランスがよくなり、新陳代謝が活性化されます。
新陳代謝がよくなり、血行がよくなるということはお肌の調子がよくなるということです。

また、ホルモンのバランスもよくなるので内面から美肌にしていくことになるのです。

<前へ>   |  女性ホルモン  |   <次へ>

ピラティス・ヨガ用語集

ピラティス・ヨガの用語集です
ピラティスヨガの用語やポーズについて解説

サ~タ行

ピラティスやヨガレッスンで使えるピラティスヨガ用語集

関連エントリー