Top >  ヨガのスタート知識 >  ヨガの立ち方1 正面を向いているとき


ヨガの立ち方1 正面を向いているとき


まず、足を閉じて立つときは足のつま先からかかとまでをぴったり合わせます。

そして、太ももふくらはぎもぴったり合わせるように意識します。

おなかとお尻をきゅっと締め、前と後ろからサンドイッチするように骨盤部分を安定させます。


足を開くときには、ポーズによって多少違いがありますが、基本的には骨盤と同じくらいの広さに足を広げます。
つま先が内側に入ったり、外を向いたりせず、つま先とかかとがまっすぐ並行になるようにします。

<前へ>   |  ヨガの立ち方1 正面を向いているとき  |   <次へ>

ヨガのスタート知識

ヨガをはじめるにあたり基本的な座り方や、立ち方、ポーズのときに意識することなどのをココでは説明していきます

関連エントリー