Top >  ピラティスとダイエット >  インナーマッスルの大切さ


インナーマッスルの大切さ

インナーマッスルとは、骨に一番近い深部の筋肉のこと。

姿勢を保ち、内臓や脂肪を支えるのもこの筋肉の役目です。

ピラティスダイエットではこのインナーマッスルがとても重要!


いくら表面の筋肉を鍛えても、インナーマッスルを正しく鍛えてあげなければ効果はうまく現れません。

ピラティスダイエットでは、尾底骨から頭のてっぺんまでを貫く一本の縦のラインと、骨盤を中心としたおなかから腰まわりをしっかり安定させることが基本です。
なかでも、上半身の体重を受けとめ、足から伝わる振動、ショックのすべてを受けとめている骨盤が重要なパーツなのはいうまでもありません。
pil2.jpg

その骨盤を支える骨盤底と腸腰筋を常に使ってエクササイズしていくのがこのダイエットのメカニズム。

ピラティスの動きはとても簡単ですが、続けるうちに正しい筋肉がつくべきところに正確について、バランスのとれた美しい体が手に入ります

<前へ>   |  インナーマッスルの大切さ  |   <次へ>

ピラティスとダイエット

ピラティスの効果や目的にダイエットもあるでしょう
ピラティスはなぜダイエットに効くと言われるのか?<br/>ピラティスとダイエットについて説明します

関連エントリー