Top >  ピラティス・ヨガコラム >  ヨガで背筋中毒


ヨガで背筋中毒

ヨガでもピラティスでも、本や雑誌を見ていると、背筋、背骨、脊柱、脊髄、どう違うんだ?というほど「背」のつく文字が舞っています。からだの中心がとっても大切ってことなのですね。

そういうわたしは子どものときから背骨が曲がっていて、からだがあきらかにゆがんでいます。腹筋もないので姿勢が悪いのがいつも悩みの種。
ところが、ヨガをやった最初の日、片方の肩が下がっていたのがなおり、さらに少したった頃、書店で本を見ていてはっと気づいたら、やけに背筋がピンと伸びている自分を発見。姿勢がよくなるのは、ヨガをやっている他の人を見ていても間違いないみたいです。

背骨がまっすぐでないとプラーナ(気)がうまく通らなくってチャクラが開かないんですって。チャクラって花弁が何枚あって、とかいう花なのだそうです。花がからだの中に咲くのですよ。信じられます?ちゃんと開くとオーラみたいなものが外に出て、見える人には見えるんだそうです。すごくスピリチュアルな世界ですね。

それはともかくとして、姿勢で悩んでいる人、多いでしょう。ヨガをやってみてくださいね。あ、肩に力が入ってるなとか、肩甲骨を下げなくちゃとか、日常生活の中で、思わず気にしちゃっている自分にびっくりすることでしょう。

<前へ>   |  ヨガで背筋中毒  |   <次へ>

ピラティス・ヨガコラム

ピラティスやヨガについての雑学やコラムです!随時UPします♪

関連エントリー