Top >  ピラティス・ヨガコラム >  ヨガはにこやかにやるものなのです


ヨガはにこやかにやるものなのです

わたしがヨガをやっていて、ああヨガの世界だなあと感じるのは、「にこにこして」と、先生がいったりするとき。

ちょっとこのポーズはきついなあと感じるポーズがときどきあります。
たとえば、腰かけのポーズ。立った状態から腕を前に伸ばして、見えない椅子に腰かけるように、膝を曲げて腰を落としていきます。よほど筋力がないと、太ももやふくらはぎがぷるぷるきちゃうポーズです。

そんなときでも、それを根性で頑張るぞ!などと思うのではなく、集中してからだ全体をやさしく見つめてあげる感じで、にこやかにおこないましょう。それこそが、筋トレではない、ヨガのポーズなのです!

といった世界です、ヨガって。ちょっと体育会系とは違うんですね。
ヨガを始めたらきっとすぐに体験できますよ。少しきついときもにこやかに!なんだか、日常生活もそんなふうに過ごせたらいいと思いませんか。

<前へ>   |  ヨガはにこやかにやるものなのです  |   <次へ>

ピラティス・ヨガコラム

ピラティスやヨガについての雑学やコラムです!随時UPします♪

関連エントリー