Top >  ピラティス・ヨガコラム >  ヨガと映画


ヨガと映画

ヨガが出てくる映画は日本ではあまり見ませんよね。アメリカの映画やドラマではときどきあるんです。そういうものをたまたま見て、これってパワー・ヨガ?なんてことを思ったりしたことがあります。

『ハリウッド的殺人事件』では、ジェニファー・ロペスが、『ニューヨークの恋人』ではメグ・ライアンが、『2番目に幸せなこと』ではマドンナが、ヨガをしています。
それだけヨガがアメリカに定着しているということかもしれませんね。

でもアメリカの映画でも、男性のヨガシーンはなかなかないかも。ブラピかなんかが映画の中でやってくれて、男の人のヨガってかっこいい!とモテモテになると、男性もやってみるか、となるでしょうか・・・ならないか。ブラピといえばピラティスですね。

興味を持っていることがあると、それまではふっと見逃していたものが、思わぬところで新たな発見になって楽しくなったりしますよね。わたしもヨガを始めてから発見が増えました。

<前へ>   |  ヨガと映画  |   <次へ>

ピラティス・ヨガコラム

ピラティスやヨガについての雑学やコラムです!随時UPします♪

関連エントリー