Top >  ピラティスヨガQ&A >  本のようにヨガができないのですが


本のようにヨガができないのですが

ヨガはどんなにからだが硬い人でも、正しいやり方で継続していれば、少しずつ柔らかくなっていきます。
特に集中してからだに意識を向けてポーズをとっていると、自然とからだが伸びていくのを感じたりします
ヨガは、アクロバットのようなポーズから、ぐにゃぐにゃのからだになることがよいことだと考えがちですが、それはあくまで結果です。

三角ポーズ.jpg

ヨガで大切なのはからだに目を向ける過程にあります。
ヨガはからだへの刺激を感じながら、ゆっくり動き、深く呼吸をすることに集中しましょう。


ヨガのひとつひとつのポーズには、ポイントがあります。
たとえばポーズにより骨盤がかたよらないようにするとか、前かがみにならないようにするなど、そのヨガポーズの効果を最大限に引き出すようなポイントを意識することが重要で、完成された本のようなポーズをすることに大きな意味はありません。


<前へ>   |  本のようにヨガができないのですが  |   <次へ>

ピラティスヨガQ&A

ピラティス・ヨガでよくある質問や回答です
ピラティスもヨガも誰もが最初は初心者です
ピラティススクール、ピラティススタジオやヨガ教室ヨガスクールに行く前にも基礎知識だけは覚えておきたいですね!

関連エントリー