Top >  ヨガ初心者向け情報 >  ヨガとアーユルヴェーダ 1


ヨガとアーユルヴェーダ 1

アーユルヴェーダとはヨガと同じ古代インドから続く、伝統的な医学です。

アーユルヴェーダではこころとからだを総合的に捉えて、3つの体質に分けて考えています。ヴァータ、ピッタ、カパといいます。体質ごとに運動、栄養、休養、食事など日常生活全般を通して病気を治したり、予防したりするのです。どちらかというと、予防のほうにより重点がおかれています。

3つのバランスが崩れると病気になり、バランスが維持されているうちは健康であるとされています。そして、ヨガもとても大切な存在と考えています。

<前へ>   |  ヨガとアーユルヴェーダ 1  |   <次へ>

ヨガ初心者向け情報

ヨガをはじめる方やヨガに興味がある方向けの情報です

関連エントリー