Top >  ピラティスの呼吸方法 >  ピラティス ブリージング 2


ピラティス ブリージング 2

ピラティスの呼吸方法

ピラティスで重要なピラティスの呼吸法
ピラティスの呼吸法について解説していきます


骨盤底筋群を引き締めて、強化するエクササイズになります。
骨盤底筋群を締めるというのは、おしっこを止めるような感じです。

①仰向けもしくは立ちます

②両手の指先が恥骨に、手の、手首に近いところが腰骨のあたりにくるように、両手で三角形をつくる感じで下腹部にあてます。ここが水平になっているようにしましょう

③息を吸い、息を吐きます。女性は膣を、男性は肛門を締めます。骨盤底筋群を引き上げ、おへそをおなかにくっつけるような感じでおなかをへこませていきます。下から順番に引き上げていく感じです。大腰筋も使います。

骨盤が傾かないように気をつけましょう。
ピラティスダイエット.jpg

<前へ>   |  ピラティス ブリージング 2  |   <次へ>

ピラティスの呼吸方法

ピラティスでは呼吸が重要なファクターです
ピラティスの正しい呼吸法をマスターすることからピラティス道ははじまります

関連エントリー