Top >  ピラティスの基礎知識 >  ピラティスとコアな筋肉


ピラティスとコアな筋肉

ピラティスと筋肉

コアの筋肉についてまず知り、コアの筋肉のどの部分を使っているか意識することが、ピラティスの特徴のひとつでもあります。

ピラティスでよく言われる"コア"とは
→尾てい骨から頭蓋骨までを貫く1本のライン(脊椎)と骨盤周辺の骨格や筋肉のこと。
このコアの筋肉を安定させバランスよく使えるように鍛えると、1本"芯"の通った美しい姿勢が保てるようになるのです。代表的な3つは下記のモノです

①大腰筋肉・・だいようきん。おへそのあたりの背骨の裏側から骨盤の前を通って、太ももの内側とつながっている筋肉。太ももを上げるときに使う筋肉

②腸骨筋・・骨盤から足のつけ根につながる筋肉。腸骨と大腿骨をつなぐ大腰筋と合わせて、腸腰筋と呼ぶこともあります

③骨盤底筋・・こつばんていきん。骨盤のいちばん底にある小さな筋肉を総称したもの。坐骨と恥骨を結ぶ筋肉で、ピラティスの動きのスタート地点。


ピラティスと筋肉.gif

たとえば下腹部がぽっこり出てきたら、腹横筋が弱っている可能性が高くなりますので、エクササイズの中で、腹横筋を使っているかな、と意識しながら動くことが大切になります。

<前へ>   |  ピラティスとコアな筋肉  |   <次へ>

ピラティスの基礎知識

エクササイズ王国・アメリカで、LAやラスベガスといった都市を中心に、今セレブの間でもっとも人気の高いエクササイズ
それが ピラティス です
日本でも若い女性を中心に、沸々と人気が高まっている
このエクササイズは、大きな筋肉ではなく、体の深部(インナー・マッスル)から鍛えることで内側からしなやかに体を引き締める事です

関連エントリー