Top >  ピラティスのポイント >  ニュートラル・ポジション 床に座る


ニュートラル・ポジション 床に座る

ピラティスのニュートラルポジション

ピラティスで床に座ってエクササイズをするときの基本の姿勢です。

① 膝を適度な角度で立てて座ります。
② 上半身は上に引っ張られる感じで、背中は自然なS字カーブ。肩甲骨は下げます。
③ お尻が左右均等になるようにして、腰はしっかり立てます。
④ 座骨とかかとの位置が平行になるくらい、足を広げます。膝も閉じたり広げたりしないで自然に開いておきます。
⑤ 足の裏は、全体に均等に力がかかるように床につけます。

<前へ>   |  ニュートラル・ポジション 床に座る  |   <次へ>

ピラティスのポイント

ピラティスをやるにあたりの「ポイント」や「正しい知識」を解説

関連エントリー