Top >  ピラティスのポイント >  ニュートラル・ポジション 四つん這い


ニュートラル・ポジション 四つん這い

ピラティスのポジション

ピラティスをはじめるにあたりピラティスにはニュートラルという定義があります
ピラティスのニュートラルポジションとは何?
ピラティスのニュートラルとは?

ピラティスのニュートラルポジションについて学びましょう!


四つん這いの状態でエクササイズをするときの基本の姿勢です。

①手を肩幅、足を腰幅に開いて膝をつき、四つん這いになります。

②肘はまっすぐ伸ばし肩の真下に手の平をつきます。

③膝はお尻の真下におきます。

骨盤が傾かないように床と水平になるようにしましょう。
背中が丸くなったりしないで、ゆるやかなS字カーブを描くようにします。

<前へ>   |  ニュートラル・ポジション 四つん這い  |   <次へ>

ピラティスのポイント

ピラティスをやるにあたりの「ポイント」や「正しい知識」を解説

関連エントリー