Top >  ピラティスのポイント >  ピラティスの効果を上げるポイント


ピラティスの効果を上げるポイント

ピラティスの効果を上げるポイント

① リラックス
こころとからだが緊張していては、うまくエクササイズできません。とにかくいろいろなことを考えず、リラックスしておこないます。

② 呼吸は絶対に止めない
からだの動きと呼吸を合わせるようにすることが大切です。
ピラティスの動きと呼吸は密接に関わっています。深くゆったりと呼吸をします。

③ イメージしましょう
からだの状態をよくイメージしましょう。
日常生活ではほとんど使わない筋肉をじゅうぶんに動かすためには集中力を持って意識することが必要です。筋肉が伸びていっている、骨と骨が離れていっている、というふうに意識しましょう。また、自分の体調を知ることも大切です。

④ 正しい姿勢と中心を意識しましょう
骨盤と脊柱の位置を常に正しい状態に保つことを意識しながらエクササイズをおこないましょう。背骨がきれいなS字になっている状態をピラティスではニュートラルと呼びます。このニュートラルを維持することでピラティスの効果があらわれます。アラインメントともいいます。
いつもからだの中心のコアの筋肉を意識しながらエクササイズをおこないます。意識しないとなかなか使われないのが深いところにある筋肉なのです。

⑥ 正確に動くようにします。
筋肉の動きを意識しながら小さな力でゆっくり正しく動くことで、バランスのとれたからだがつくられます。はずみをつけたりすると、表面の筋肉
だけが収縮してしまいます。集中するためにもゆっくりした動きが大切です。
慣れてくるとそれぞれの動きをつなげてなめらかに動くことができるようになります。

⑦ 持久力
ピラティスはゆっくり、じっくりおこなうエクササイズです。からだの微妙な動きをイメージし、感じながらやります。あくせくしない代わりに、持久力が必要なのです。根気よく自分のからだと向き合う忍耐強さがないと続けるのが困難です。

⑧ 自分のペースで

時間がないときに無理におこなってもあまり効果は期待できません。少しずつでも長く続けることのほうが大切。気長にやるエクササイズです。からだの状態を観察し、その日の自分の体調に合わせてどんなことをやるか考えることも大切なことです。無理は禁物。

⑨ 小さく動く
大きくからだを動かすと、運動している!という気分になって、効果もあるように感じがちですが、大きく動くとからだの表面の筋肉が使われてしまいます。動きを大きくするだけでは深いところの筋肉が使われにくく、ピラティスの効果が落ちてしまいます。

⑩ 休憩時間
エクササイズと休憩、つまりリラクゼーションはセットとして考えます。エクササイズをしたら休憩。エクササイズで生じた筋肉の緊張をとりのぞくための時間をとります。
いろいろなやり方がありますが、しばらくニュートラルポジションでいたり、少し楽な姿勢をとってリラックスするとよいです。

<前へ>   |  ピラティスの効果を上げるポイント  |   <次へ>

ピラティスのポイント

ピラティスをやるにあたりの「ポイント」や「正しい知識」を解説

関連エントリー