Top >  ピラティスのスタート知識 >  ピラティスと骨 1骨盤から上


ピラティスと骨 1骨盤から上

ピラティスと骨

骨盤はお尻のしっぽの部分の三角形の「仙骨」、2枚の「腸骨」、からだの前で腸骨とつながっている「恥骨」からなっています。

お尻を床や椅子につけて座ったときあたるぐりぐりが「座骨」、頭蓋骨と骨盤をつなぐからだの中心の骨が「脊柱」、胸部にある弓なりの12の骨が「助骨」、助骨の中心にある骨が「胸骨」です

<前へ>   |  ピラティスと骨 1骨盤から上  |   <次へ>

ピラティスのスタート知識

ピラティスをはじめるにあたり、ピラティスでは筋肉と骨の知識は欠かせません
またピラティスでは姿勢も重要です
ピラティティスを開始するにあたりの知識や重要な事をここではご紹介します

関連エントリー