Top >  ピラティスのスタート知識 >  ピラティスと骨 2脊柱


ピラティスと骨 2脊柱

ピラティスと骨の関係

脊柱を横から見てみましょう。

脊柱は一般的に背骨といわれているものです

ひとつひとつの脊柱の小さな骨を「椎骨」といい、この椎骨が重なっているために柔軟な動きが可能になり、わたしたちは前後左右にからだを動かすことができます

ピラティスと骨.gif

下から、仙骨の先にある小さな骨が「尾骨」

腰椎の下、お尻の部分にあるのが「仙骨」

背中のくびれた部分、腰のところにある5つの骨からなるのが「腰椎」です

胸の骨が「胸椎」、第1~第12胸椎の12個の椎骨からなっており、「助骨」、「胸骨」とつながっています。首の骨が「頚椎」で7つあります

<前へ>   |  ピラティスと骨 2脊柱  |   <次へ>

ピラティスのスタート知識

ピラティスをはじめるにあたり、ピラティスでは筋肉と骨の知識は欠かせません
またピラティスでは姿勢も重要です
ピラティティスを開始するにあたりの知識や重要な事をここではご紹介します

関連エントリー