Top >  ピラティスのスタート知識 >  ピラティスとコアの筋肉 1おなか


ピラティスとコアの筋肉 1おなか

「腹横筋」は一番脊柱に近い深層にある筋肉で、背骨を支え、内臓を守っています。

ピラティスではもっとも重要な筋肉のひとつで、ぽっこりおなかが出る原因の筋肉です。

ピラティスインナーマッスル.gif

「外腹斜筋」はからだの側面、肋骨の横から斜め下に向かって伸びる筋肉

「内腹斜筋」は「外腹斜筋」の内側にあり、腸骨から斜め上に向かって伸びています

「腹直筋」はからだの表面に近いところを縦に走っている筋肉です。

<前へ>   |  ピラティスとコアの筋肉 1おなか  |   <次へ>

ピラティスのスタート知識

ピラティスをはじめるにあたり、ピラティスでは筋肉と骨の知識は欠かせません
またピラティスでは姿勢も重要です
ピラティティスを開始するにあたりの知識や重要な事をここではご紹介します

関連エントリー