Top >  ピラティスのスタート知識 >  ピラティスと姿勢 2よい姿勢とは


ピラティスと姿勢 2よい姿勢とは

ピラティスの姿勢

ピラティスを行うには姿勢も大事です
ピラティスでの良い姿勢は下記のとおりです

①背筋が伸びて、天井から見えない糸で引っ張られているような感じです。
②おへそを背中のほうに近づけてしまいこむようなイメージ。背骨が自然なS字。
③首はまっすぐで、あごを引きます。
④腕はリラックスして自然に横に落とします。
⑤肩の高さが左右で同じ。
⑥お尻を引き締め、骨盤が左右前後に傾いていない状態。
⑦膝の裏は伸ばして、足の裏をしっかり地面につきます。

ピラティスで健康と美容を手に入れましょうね!

<前へ>   |  ピラティスと姿勢 2よい姿勢とは  |   <次へ>

ピラティスのスタート知識

ピラティスをはじめるにあたり、ピラティスでは筋肉と骨の知識は欠かせません
またピラティスでは姿勢も重要です
ピラティティスを開始するにあたりの知識や重要な事をここではご紹介します

関連エントリー