Top >  ピラティス・ヨガ用語集 >  サ~タ行 >  Cカーブ


Cカーブ

ピラティスヨガ用語辞典

ピラティスの最も基本的な、恥骨を動かし、骨盤と背骨のゆがみを正すエクササイズであり、姿勢のことです。背中が全部床についている姿勢です。
また、上体を起こしたり倒したりするときの背骨の自然なカーブのことをいいます。

日本ではまだ馴染みの浅いピラティスはよくヨガと同じもののように思われていることがあります。
どちらもフィットネスの一種ではありますが、もともとの成り立ちが異なり、目指すところも違ってきます。
ちなみにピラティスは、ヨガが精神的な目的であるのに対し、インナーマッスルという身体のコアを鍛えていくことを目的としています。

<前へ>   |  Cカーブ  |   <次へ>

ピラティス・ヨガ用語集

ピラティス・ヨガの用語集です
ピラティスヨガの用語やポーズについて解説

サ~タ行

ピラティスやヨガレッスンで使えるピラティスヨガ用語集

関連エントリー