Top >  ヨガ初心者向け情報 >  ヨーガスートラの八支則


ヨーガスートラの八支則

ヨガの最初の教本『ヨーガスートラ』に書かれている、8つの手順。これを「アシュタンガ」といいます。「アシュタンガ」とはサンスクリット語で8本の枝という意味を持っています。これはさまざまなヨガの基盤となっていて、これを順番に、もしくはどれかひとつに重点をおいておこなうのが一般的です。

8つの手順とは、
ヤマ「禁戒」、ニヤマ「勧戒」、アーサナ「座法」、プラーナヤーマ「調息」、プラティヤーハーラ「制感」、ダーラナ「凝念」、ディヤーナ「静慮」、サマーディ「三昧」の8つです。

アーサナはそもそもは座法のことでしたが、「~のアーサナ」というように、ポーズのことをいうようにもなりました。

<前へ>   |  ヨーガスートラの八支則  |   <次へ>

ヨガ初心者向け情報

ヨガをはじめる方やヨガに興味がある方向けの情報です

関連エントリー