Top >  ピラティス・ヨガ用語集 >  ア~カ行 >  沖正弘(1921~1985)


沖正弘(1921~1985)

ピラティスヨガ用語辞典
日本のヨガの草分け的な指導者。
諜報機関員として活動中、インドでヨガと出会い、昭和33年に「日本ヨガ協会」を創設。
沖ヨガの創始者。著書も多数あります

--ピラティスと基礎代謝--
【基礎代謝】とは、人間は寝ている間でもエネルギーは消費されています。
寝ている状態でも消費されるエネルギーを基礎代謝といいます。
基礎代謝が高いと太りにくい体質といえます。年齢を重ねていくと代謝はおちていきます。
基礎代謝を上げていくには〈赤筋〉と言われる筋肉を鍛えなくていけません。
〈赤筋〉には毛細血管をが多く、〈白筋〉に比べて、酸素が豊富に供給されるため、エネルギー消費量が多く、〈赤筋〉を増やすと基礎代謝が上がって、太りにくい体質になるということです。
ピラティスで鍛えるのは、この〈赤筋〉になります。

<前へ>   |  沖正弘(1921~1985)  |   <次へ>

ピラティス・ヨガ用語集

ピラティス・ヨガの用語集です
ピラティスヨガの用語やポーズについて解説

ア~カ行

ピラティスやヨガレッスンで使えるピラティスヨガ用語集

関連エントリー