Top >  ピラティスのポイント >  ピラティスのCカーブとは


ピラティスのCカーブとは

ピラティスのCカーブとは?

ピラティスの中でも最も基本的なエクササイズです。

ピラティスは骨盤と背骨のゆがみを調整するものです。

Cカーブというと、恥骨を動かして骨盤周辺の筋肉を鍛えるときの姿勢のことを意味したりもします。
ニュートラルなS字カーブと違い腰を床に落として、すきまのない状態になります。

①基本の姿勢で寝て、手は手の平を下にしてお尻の横あたりにおきます。腸骨の辺りに添えてもよいでしょう。

②息を吸い、ゆっくり吐きながら骨盤を傾けるように恥骨だけを持ち上げます。床と背中の間に空間ができないようにしましょう。

③次に息を吸いながら恥骨だけをもとの位置に戻します。そして息を深く吐いてリラックスします。

左右の腰骨の高さがずれないようにします。

<前へ>   |  ピラティスのCカーブとは  |   <次へ>

ピラティスのポイント

ピラティスをやるにあたりの「ポイント」や「正しい知識」を解説

関連エントリー